中国で使える携帯電話レンタル情報

中国で使える携帯電話レンタル情報

中国へ行くときに利用する携帯電話

比較的近くにある中国ですが、日本の携帯電話を何も準備せずそのまま持っていって、そのまま利用してしまうと費用がかさみます。では、必要以上に費用をかけずに中国で電話を利用するためにはどういった手段を取ればいいのでしょうか。

中国で日本と同じように携帯を使うとどうなるの?

中国の場合、きちんと準備すれば、日本から持ち込んだ携帯電話を無理のない価格で利用することも可能です。その準備のひとつが、国際ローミングを利用するプランの契約です。レンタル携帯やSIMカードの利用よりも費用はかかりますが、携帯電話会社との契約内容を変更するだけなので手続きはお手軽です。
ただし、国内の携帯電話会社の海外プランを契約せずに、端末の設定変更だけで国際ローミングを利用するのは極力避けるようにしましょう。中国から日本の通信を介する国際ローミングは通話料や通信料がかなり割高になります。帰国後、携帯電話の料金がかなりの高額になっていることに初めて気づくというケースもあるため、あらかじめ契約するプランやその内容を確認し、注意して使うことが大切です。

中国で携帯を使うならどうしたらいいの?

もし利用目的が短期の旅行であり、上記のような割高な国際ローミングの利用や盗難・個人情報の流出などのリスクを避けたいなら、国内で借りられる中国用のレンタル携帯がもっとも安心かつ安価だと言えるでしょう。
中国の場合、とくにiPhoneなどの高額端末は置き引きや盗難などの被害に遭いやすいので、持ち歩く際には注意が必要です。レンタル携帯なら個人データが詰まっていないので、万が一盗難に遭ったとしても、個人情報の流出という最悪の事態は防ぐことができます。
もちろん、SIMカードを契約したり、レンタルWi-Fiと組み合わせたりして、普段使っている端末(スマートフォン)を使うことも可能ですが、その場合には置き引き・盗難のリスクに加え、金盾政策による制限も考慮する必要があります(香港やマカオなどの特別行政区は金盾政策の対象ではありません)。

中国で利用できる携帯レンタルサービス、会社別の料金とおすすめポイント!

グローバルセルラー

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が100円/日、発信料(日本への発信含む)と着信料が各320円/分となります。

おすすめポイント

1日あたりわずか100円というレンタル料はやはり魅力です。料金体系が分かりやすいこと、そしてインターネットからのシンプルな申込やタイマー精算による帰国後のスピーディな精算、24時間365日体制のサポートなど、スムーズに利用できる仕組みが魅力です。

口コミ

手軽に利用できるのがいい(男性/20代)
スマホからインターネットにて3分程度で予約が完了するし、受け取りも窓口や宅配で受け取って、帰国後はタイマー清算でカード払いするだけとかなり楽でした。料金体系がわかりやすいし、本体レンタル価格も安いです。金額が発信着信で変わらないので、連絡に使う回数や分数が少ない自分には向いていました。

テレコムスクエア

レンタル・通話料金

本体レンタル価格は648円/日、発信料(日本への発信含む)が240円/分、着信料が180円/分となります。本体レンタル価格は0円で利用できるキャンペーンが開催されている場合もありますので、申し込みの際は公式サイトで確認してみましょう。

おすすめポイント

発信料・着信料が秒単位の課金となるため、使った分だけの支払いで済みます。また、破損や盗難などが起きた場合の任意保障が充実しており、24時間体制のサポートデスクもあります。
新千歳・成田・羽田・中部国際・関西国際・高松・福岡の各空港で受け取ることができ、当日貸出も行っているので急な渡航でもスマートに利用できるでしょう。法人向けのサービスとなります。

口コミ

油断していたら携帯電話盗難にあった(女性/20代)
バーでカウンターにレンタル携帯を入れたポーチを置いたままトイレに行きました。帰ってきたら、ポーチが無くなっていて大慌て。急いで探して、お店の人にも探してもらったのですが見つかりませんでした。ホテルに帰ってから、レンタル携帯を借りた会社に連絡して電話の利用を停止させました。24時間体制のサポートじゃなかったら、かなり使われてしまって高額請求とか来たかも……と考えると本当に恐ろしいです。すぐ対処したことと、任意補償のおかげで、自分の使った料金分の支払いのみで済みました。

モベル

レンタル・通話料金

本体レンタル価格は675円/日です。すべての着信と中国および同じモベルのレンタル携帯(アジア携帯)への発信の際には85円/分、日本への発信には160円/分、中国以外の国への発信には180円/分が発生します。

おすすめポイント

端末の受け取りや返却はいずれも宅配便を利用しますが、送料が無料なので北海道・沖縄や離島からの発送でも安心です。また、あんしん補償に、盗難・紛失後の不正利用の補償(最高50,000円)が含まれていることも魅力です。
長期、あるいは頻繁な利用には、同社のワールド携帯サービス(基本料0円/日)もおすすめです。

口コミ

料金が比較的安い(男性/30代)
友だちと2人で、安宿に泊まりながら何日もかけて中国を回りました。ときどき別行動したので、その際はレンタル携帯が活躍しました。中国は世界遺産の見学料が高いので、それ以外の無駄な出費は控えたいと思っていました。そんな僕たちにとって、発着信の料金がリーズナブルなモベルのはとてもありがたかったです。

JAL ABC

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が250円/日、発信料(日本への発信含む)・着信料ともに210円/分の料金が発生します。

おすすめポイント

レンタル料と通話料のみというシンプルでわかりやすい料金体系が魅力です。マイルが貯まるお得感や大手の安心感はJALならでは。また、渡航期間が延びた場合でも事前に連絡すると、別途でかかる料金は発生せず、通常のレンタル料金だけで利用を継続することが出来ます。

口コミ

だいたいの料金を計算しながら使えました(女性/20代)
レンタル携帯を空港で受け取り、中国に持って行きました。携帯片手にいろいろ旅行して回りましたが、特に問題なく繋がりました。通話料がわかりやすかったので、だいたい通話料がどれくらいになるか計算しながら使うことができました。iPhoneではなかったけれど、携帯電話とかレンタル機器の盗難や置き引きも多いと聞いていたので、補償や盗難・紛失時の24時間のサポート窓口があることも心強かったです。

G-Call

レンタル・通話料金

250円/日のレンタル料と、中国国内50円/分(中国から日本へは100円/分)の発信料・着信料、さらにミニマム通話料3,000円が必要です。ミニマム通話料は、そのまま現地での通話料に充てることができ、これを越えた料金が加算されていく仕組みです。

おすすめポイント

着信も発信も料金が50円/分、日本への発信は100円/分と、非常にわかりやすくかつリーズナブルです。60分の通話にあたるミニマム通話料が必要ですが、これを超えるくらいに利用するなら決して高くはないでしょう。

口コミ

通話料で選びました(女性/40代)
姉が中国に嫁いでおり、たまに会いに行っています。姉に会いに行く際に、レンタル携帯電話を借りていきました。合流の際や買い物の相談くらいに使うつもりだったので本体価格が安いのを選ぼうかと思ったのですが、日本にいる母は心配性なので結構頻繁な連絡が必要だし、できるなら姉とも話をさせてあげたいと思って通話料金や日本への発信が安いのを選びました。足を悪くして最近訪問できなかった母と、おしゃべりな姉の会話はかなり長く続いたので、通話料が高いプランだったらと思うとちょっとゾッとしますね。高額請求にならずに良かったです。

まとめ

都心部では無料Wi-Fiが使えたり、4G-LTEの高速回線が利用できたり、中国は、通信環境においては日本よりも発展している国です。携帯電話も幅広く普及しているので、2Gにも対応できるレンタル携帯を利用すれば、ほとんど何処でも問題なく連絡がつくでしょう。ただし、置き引きや盗難などの面については日本以上に安全な場所はありません。目の前に電話を置いていても、油断した瞬間に持って行かれるなどのケースがありますので、普段使っている個人情報がぎっしり詰まったスマートフォンよりも補償に加入したレンタル携帯の方が安全でしょう。24時間サポートのあるレンタル業者もいるので、もしものケースに備えた方法を選択することがオススメです。

中国で使えるWiFi事情・レンタル情報