ハワイで使える携帯電話レンタル情報

ハワイで使える携帯電話レンタル情報

ハワイでは、公共施設やショッピングセンターなど無料Wi-Fiが利用できるところが数多くあります。それらとスマートフォンのLINEなどのアプリを利用すれば、電話と同じように通話やメッセージのやり取りを行なうことができます。しかしまだ、高速回線や通信のインフラがまだ追いついていない自然スポットも多くありますし、連絡のとりたい相手が同じアプリを利用していなければアプリでは連絡はとれません。そういった場合はやはり、電話回線を使って連絡を取ることになります。また、無料Wi-Fiはセキュリティが甘い、利用者が多いと回線が混雑して繋がりにくくなるなどの問題もあります。
ハワイで快適に電話を利用するためにはどういった手段があるのでしょうか。

ハワイで日本と同じように携帯を使うとどうなるの?

海外の回線に対応しているガラケーやスマートフォンなら、海外ローミング機能を利用することでハワイでも日本で使う場合とほとんど同じように電話での通話ができます。しかし、海外ローミングを利用すると、多くの中継によりどうしても利用料は高くなります。とくに海外向けの定額プランを契約せずに端末のデータローミング設定だけで電話やインターネットを利用してしまうと、とんでもない額の請求が届くことがあるので注意しましょう。
また、スマートフォンの通話アプリなどのデータ通信を利用する場合は、ホテルなどの有料Wi-Fiやカフェや公共機関の無料Wi-Fi、レンタルWi-Fi、現地のSIMカードなどによって通信環境を確保することで音声で会話することもできます。
なお、SoftBankのスマートフォン(iPhone)を使っているなら、「アメリカ放題」プランを利用することで、ハワイを含むアメリカ全土にて電話やインターネットをすべて無料で利用することができます。

ハワイで携帯を使うならどうしたらいいの?

ハワイで携帯電話(ガラケー)を使う方法は大きく分けて2つ。前述の携帯電話(ガラケー)やスマートフォンの国際ローミング機能を利用するか、現地で使える携帯電話をレンタルすることになるでしょう。
前者の場合、海外定額制や海外データ定額などを利用したとしても、後者のレンタル携帯を利用するよりも高い金額が発生することになります。
また、スマートフォンを利用するなら、SIMロックフリーの端末を用意し、通話プランのあるプリペイドSIMを現地で調達したり、レンタルWi-Fiを利用したりする方法もあります。SIMカードを利用する場合は、SIMロックが解除された端末が必要になるので、たまの旅行や短期間の出張なら、レンタル携帯やレンタルWi-Fiを利用する方が費用を抑えて利用することが可能ですよ。

ハワイで使えるレンタルWiFi情報はこちら

会社別で携帯のレンタル料金とおすすめポイントを見てみよう!

グローバルセルラー

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が100円/日、発信料(日本への発信含む)と着信料が各250円/分となります。

おすすめポイント

1日あたりわずか100円というレンタル料はやはり魅力です。料金体系が分かりやすいこと、そしてインターネットからのシンプルな申込やタイマー精算による帰国後のスピーディな精算、24時間365日体制のサポートなど、スムーズに利用できる仕組みが魅力です。

口コミ

レンタルの料金体系がわかりやすい(女性/40代)
本体のレンタルが100円、発着信の料金がどこにかけても1分250円ととてもシンプルで、かつ返却前でも随時その時点での料金を確認できるので、安心して利用できました。受取手数料が無料だったのも、無駄な出費を計算しなくてよかったので助かりました。事前の申し込みもスマホから数分ちょっとかんたんで、ホテルや飛行機の予約と一緒に済ませることができたので、とてもスムーズでした。

グローバルモバイル

レンタル・通話料金

1,500円の初回手続料金と150円/日のレンタル料、80円/分の現地の発着信料、100円/分の日本との通話料、200円/分のアメリカと日本を除く各国との通話料で利用することが出来ます。

おすすめポイント

発生したレンタル料金分は通話が無料になるので、現地である程度利用すれば実質レンタル料金は無料になります。また、返却時の端末の発送にも3日間の猶予があるので、忙しい方も余裕をもって返却できます。(帰国後4日目以降は延滞料金が発生します)

口コミ

無料通話が使える(男性/30代)
3日間、ハワイにあるオフィスの現地スタッフの研修のために滞在した際に使いました。発着信料金やレンタル料金がそれほど高くないことと、無料通話分がレンタル金額分利用できることが決め手でした。迎えや合流程度でしか使わないので、ほとんど無料通話分程度で利用できました。結果的にかなり安く利用できたので、満足です。

テレコムスクエア

レンタル・通話料金

本体レンタル価格は648円/日、発信料(日本への発信含む)、着信料ともに150円/分となります。本体レンタル価格は0円で利用できるキャンペーンが開催されている場合もありますので、申し込みの際は公式サイトで確認してみましょう。

おすすめポイント

発信料・着信料が秒単位の課金となるため、使った分だけの支払いで済みます。また、破損や盗難などが起きた場合の任意保障が充実しており、24時間体制のサポートデスクもあります。
新千歳・成田・羽田・中部国際・関西国際・高松・福岡の各空港で受け取ることができ、当日貸出も行っているので急な渡航でもスマートに利用できるでしょう。法人向けのサービスとなります。

口コミ

日本への発着信と、現地発着信料金が一律(男性/20代)
現地で友達と合流したり、日本へ連絡したりすることを想定していたので、現地の通話料と日本への発信料金が一律のレンタル携帯業者を選びました。本体価格が割高なのが気になったけれど、ちょうどキャンペーン期間で本体レンタル価格がタダでした。日本の家族や、ハワイでの同僚との合流、取引先との食事の際のレストラン予約などけっこう色々と使いましたが、思っていたより安く済みました。秒課金制で余分な金額が出なかったことも大きかったんじゃないかと思います。

グローバルアドバンスドコミュニケーションズ(GAC)

レンタル・通話料金

レンタル料は4,000円/4日(通話料500円分を含む)です。5日以上の利用の場合1日あたり450円が加算されます。アメリカ・ハワイでの発信料と着信料は0円ですが、日本の固定電話へ発信するときは7円/分、携帯電話への発信の場合は32円/分の料金が発生します。

おすすめポイント

主要な空港(新千歳、成田、羽田、関西、中部国際)でも受け取ることが出来ます。また、自宅や会社での受取や返却の際の送料が無料なこともうれしいポイントです。

口コミ

国内通話料が無料・日本に7円で電話できる!(女性/30代)
4日間、ハワイに新しくできた支店のサポートのために出張しました。材料とか注文の発注とかを日本の支店と相談したり、現地のスタッフやお店に連絡したりと頻繁に使うのでレンタル料金は割高でも通話料の安さ優先で選びました。打ち合わせや注文で長く話すので、とくに日本との通話が安いのは本当に助かりました。

モベル

レンタル・通話料金

アメリカ使い放題・シンプル携帯レンタルプランの場合、レンタル料1,375円/日で、アメリカ・ハワイでの発着信が無料となります。ただし、日本への国際電話の発信の際には別途90円/分が発生します。

おすすめポイント

なんと言っても現地での発着信が無料というのは非常にお得なポイントです。とくに現地で頻繁に電話する方、仕事で利用する方におすすめです。

口コミ

ハワイでレンタル携帯紛失(男性/20代)
ホテルに戻ったら、カバンの中にレンタル携帯がないことに気づきました。屋台村で食べ歩きしたときに、カウンターかどこかに置いてきたようでした。レンタルあんしん補償に入っていたので、まずはモベルさんに失くしたかもしれない旨を連絡。そして、屋台村のお店にも急いで連絡すると、レンタル携帯は見つかったとのこと。「よかった~」と取りに行ったら、紛失している間に結構利用されてしまっていました。自分の利用した分よりもかなり多く使われていたのですが、補償でカバーできる範囲だったので、自分で支払わずに済みました。あんしん補償で不正利用分の補償がなかったらと思うと恐ろしいですね。

JAL ABC

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が250円/日、発信料(日本への発信含む)・着信料ともに150円/分の料金が発生します。

おすすめポイント

レンタル料と通話料のみというシンプルでわかりやすい料金体系が魅力です。マイルが貯まるお得感や大手の安心感はJALならでは。また、渡航期間が延びた場合でも事前に連絡すると、別途でかかる料金は発生せず、通常のレンタル料金だけで利用を継続することが出来ます。

口コミ

マイルが貯まるのでお得!(女性/40代)
JALのカードを持っていて、マイルが貯まるのがいいなと思ったのでレンタル携帯もJALで借りました。こつこつ貯めたマイルでまた旅行できるし、レンタル携帯があるとホテルへの道順確認やレストラン予約とかにも便利。発着信料金が一律ですし、利用中いつでも通話時間を確認できるので予算オーバーせずに安心して利用することができました。

G-Call

レンタル・通話料金

250円/日のレンタル料と、50円/分の発信料(日本への発信含む)・着信料、さらにミニマム通話料3,000円が必要です。ミニマム通話料は、そのまま現地での通話料に充てることができ、これを越えた料金が加算されていく仕組みです。

おすすめポイント

日本への国際電話を含むすべての通話料金が50円/分と、非常にわかりやすくかつリーズナブルです。60分の通話にあたるミニマム通話料が必要ですが、これを超えるくらいに利用するなら決して高くはないでしょう。

口コミ

日本への発信が激安(女性/30代)
友達や家族に頼まれた買い物やお土産の相談や確認があるので、日本との通話料金が安いプランを探していました。通話料金が50円で安いだけでなく、最初は3,000円のミニマム通話料分から支払われるので長電話になっても安心でした。電話しながら確認・相談して選んだお土産なので、外すことなく喜んでもらえましたよ!最初でミニマム通話料金が必要だけど、日本へ長電話する人にはオススメかも。

まとめ

ハワイで利用できるレンタル携帯には様々なプランがあります。電話の時間が長くかかる人は、通話料が安いプランやミニマム通話料などで一定時間以上話す場合にお得になるプランを探すのが良いでしょう。現地同士、同行者同士での連絡だけで、連絡の頻度や時間が少ないようなら、通話料よりもレンタル費用や手数料などの最低限必要になる料金が低いプラン・会社がおすすめです。
また比較的日本人が多い人気観光地のハワイとはいえ、盗難・紛失などのトラブルが発生することもあります。とくに利用が長期間になる場合は、不正利用対策や補償のしっかりしたレンタル携帯を検討すると良いでしょう。

ハワイで使えるWiFi事情・レンタル情報