アメリカ・カナダで使える海外WiFiレンタル情報

アメリカ・カナダで使える海外WiFiレンタル情報

タイムズスクエア

北アメリカ・カナダのWiFi事情

旅行や出張で海外を訪れるとき、さまざまな点で日本との違いが気になるものです。そうした日本との違いのひとつに、WiFi事情があります。日本では近年フリーWiFiが利用できる場所が増えてきていますが、北アメリカ・カナダではどうなっているのでしょうか。以下では、北アメリカやカナダのWiFi事情についてご紹介します。

北アメリカ(アメリカ)

自由の女神

アメリカのWiFi事情は、日本と比べても進んでいるといわれています。アメリカでは多くの場所でWiFi環境が整えられているため、インターネットを利用しやすいのです。飲食店はもちろん、ホテルやショッピングモールなど公共の場であれば、ほとんどどこでもWiFiを無料で利用することができます。カフェやファストフード店、レストランなどでは、ほとんどの飲食店でフリーWiFiが設置されています。ロックが掛けられている場合が多いものの、店内やレシートなどにパスワードが書かれていることが多く、店員から直接教えてもらうこともできます。

ホテルやモーテルなどは、基本的にフリーWiFiが設置されています。また、アメリカでは、公園や街なかでもフリーWiFiの使える場所が増えており、ニューヨークのタイムズスクエアやセントラルパーク、ロサンゼルスのサンタモニカなどでもWiFiを利用することが可能です。空港に関しても、国際空港であればほとんどの場所でフリーWiFiを利用することができます。

アメリカのフリーWiFi事情、レンタル情報はこちら

カナダ

カナダ

カナダは、「WiFi先進国」といえます。ほとんどの場所でフリーWiFiに接続することができ、どこからでもインターネットを利用することができます。カナダに訪れた際、スマートフォンさえ持っていればガイドブックや地図を持っていなくても満足のいく旅行ができるといわれるほど。ありとあらゆる場所でフリーWiFiが利用できるため非常に便利ではありますが、その分セキュリティ面が弱いため、個人情報の入力は避けるなど考慮して使う必要があります。

北アメリカ・カナダの無料WiFiについて

北アメリカ

北アメリカもカナダも、日本に比べてフリーWiFiが普及しています。そのため、さまざまな場所でインターネットを利用することができます。フリーWiFiが利用できる主な場所としては、以下のようなものがあります。

空港

北アメリカやカナダの主要空港では、ほとんどの場合でフリーWiFi利用することができます。例えば北アメリカではロサンゼルス国際空港やサンフランシスコ国際空港、オーランド国際空港など。カナダではバンクーバー国際空港を含むすべての国際空港でフリーWiFiが利用できます。

ファストフード店やカフェ

ファストフード店やカフェにも、フリーWiFiが設置されていることが多くあります。特に大手のチェーン店では、利用できることがほとんどです。こういったファストフードやカフェでは電源も使用できることが多いため、電池が不安な場合でも安心です。

ホテルやモーテル

ホテルやモーテルでも、多くの場合でフリーWiFiが利用できます。ただし、一定の水準以上のホテルの場合、無料ではなく有料のWiFiが設置されていることがあります。こうした有料WiFiはお金がかかりますが、その分フリーWiFiに比べてセキュリティはしっかりしています。

公園

すべての公園でWiFiが設置されているわけではありませんが、規模大きい公園や国立公園などでは設置されていることもあります。特に、観光地化されているような公園の場合は高確率でフリーWiFiが利用できます。
このように、北アメリカやカナダでは多くの場所でフリーWiFiを利用することができます。しかし、無料で利用できるWiFiは便利ではありますが、利用する際にはいくつか注意すべき点があります。例えば、以下のような点には要注意です。

セキュリティに不安がある

有料のWiFiとは異なり、街なかや施設に設置されているフリーWiFiは不特定多数の人が接続できます。そうした性質上、セキュリティ面は有料WiFiに比べて不安だといえます。そのため、フリーWiFiを利用する際には「個人情報を入力しない」「ネットバンキングは利用しない」など、セキュリティを意識した行動を心掛けましょう。

途切れやすい場合も

フリーWiFiは多くの人が接続するという関係上、場合によって通信が途切れやすくなります。また、場所によっては電波が弱いこともあります。そのため、大容量の通信やファイルの転送を行う場合に、不便に感じることもあるのです。

アメリカのフリーWiFi事情、レンタル情報はこちら

北アメリカのWiFiレンタルサービスの比較

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi アメリカ
【3G】980円
【4G】1,580円

カナダ
【3G】980円

メキシコ
【3G】1,280円
【4G】2,180円
※アメリカのみ対応
グローバルWiFi アメリカ
【4G】1,170円

カナダ
【3G】1,170円

メキシコ
なし
アメリカ
【4G】1,470円

カナダ
【4G】1,470円

メキシコ
【4G】1,970円
【4G】1,670円
※アメリカのみ対応
テレコムスクエア アメリカ
【4G】750円

カナダ
【3G】850円
【4G】850円

メキシコ
【3G】1,080円
アメリカ
【4G】1,050円

カナダ
【4G】1,150円

メキシコ
【4G】1,380円
なし
JALエービーシー なし なし アメリカ
【4G】1,250円

カナダ
【3G】1,150円
【4G】1,250円

メキシコ
なし
エクスモバイル アメリカ
【4G】850円

カナダ
【4G】850円

メキシコ
【4G】950円
アメリカ
【4G】1,100円

カナダ
【4G】1,100円

メキシコ
【4G】1,450円
アメリカ
【4G】1,170円

カナダ
【3G】1,170円

メキシコ
なし
フォートラベル アメリカ
【4G】1,170円

カナダ
【3G】1,170円

メキシコ
なし
アメリカ
【4G】1,470円

カナダ
【4G】1,470円

メキシコ
【4G】1,970円
【4G】1,670円
※アメリカのみ対応

受取り・返却の手数料について

空港受取り手数料 宅配受取り手数料 宅配返却の送料
イモトのWiFi 500円 500円 送料自己負担
グローバルWiFi 500円 500円 送料自己負担
テレコムスクエア 540円 無料 送料自己負担
JALエービーシー 無料 750円 送料自己負担
エクスモバイル 1,080円 540円 360円(レターパック利用)
フォートラベル 500円 500円 送料自己負担
ジャパエモ なし

北アメリカに対応している周遊プランのレンタル料金

周遊プラン料金
イモトのWiFi 世界周遊プラン 1,580円
グローバルWiFi アメリカ特別エリア(アメリカ・ハワイ・アラスカ)
4G-LTE・250MB 1,170円
4G-LTE大容量・500MB 1,470円
4G-LTE超大容量・1GB 1,670円>
世界周遊プラン ~2,180円
テレコムスクエア 世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,130円
世界周遊Wi-Ho! 4G 1,980円
JALエービーシー 56ヶ国周遊プラン 1,780円
周遊プラン 1,990円
エクスモバイル 世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル 世界周遊プラン 1,870円
※特定の組み合わせを除く
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエア 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JALエービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

アメリカのフリーWiFi事情、レンタル情報はこちら

利用者の声

上述のとおり、北アメリカやカナダではフリーWiFiが非常に普及しています。しかし、セキュリティが甘かったり、つながりにくいことがあったりと、利用に際していくつか注意すべきこともあります。そうした部分を不安に思っている場合は、レンタルWiFiの利用をおすすめします。
レンタルWiFiであれば不特定多数が利用することがないためセキュリティ面での不安はなく、常に持ち歩けるため通信も途切れにくいといえます。そんなレンタルWiFiを北アメリカやカナダで利用した方々からは、以下のような口コミが寄せられています。

boy

問題なくインターネットを利用することができました

アメリカやカナダに約10日間滞在した際に、レンタルWiFiを利用しました。アメリカやカナダでは無料のWiFiが普及しているとは聞いていましたが、セキュリティの面で不安だったのでレンタルWiFiを利用することにしました。
アメリカやカナダでは、スマートフォンでのメールやSNSを利用していました。場所によってはつながりにくいかもしれないといわれていましたが、都市部だけでなく地方でも特に問題なくつながりました。機器の設定も簡単だったので、初めて利用する人でも安心だと思います。
稼働時間は3、4時間程度だったので、予備のバッテリーは必要ありませんでした。外でもっと頻繁に使うという場合には予備バッテリーがあれば安心だと思います。

girl

レンタルWiFiを持っているという安心感がよかった

アメリカに1週間ほど滞在したときにレンタルWiFiを利用しました。さまざまなところを訪れましたが、ほとんど全部のエリアでつながったのでよかったです。ただ、頻繁に利用していたのでバッテリーが切れそうになる場面が何度かありました。アメリカのカフェでは電源が使えることが多いので助かりましたが、WiFiをたくさん使う場合には予備のバッテリーを用意したほうがいいと思います。
アメリカにレンタルWiFiを持っていって一番よかったと感じたのは、レンタルWiFiがあるという安心感です。アメリカでは多くの場所でフリーWiFiを利用することができますが、場所によってはなかなかスポットが見つからないこともありますし、つながりにくかったり速度が遅かったりといったこともあります。そんなときに、そういう状況を考えると、レンタルWiFiを持っているというのは大きな安心感につながります。

girl

簡単に利用できて、通信も問題ありませんでした

2週間ほど北アメリカに滞在したときにレンタルWiFiを利用しました。通信速度や電波の強さはまったく問題なく、一部のエリアを除いてしっかりとつながりました。料金もキャリアの海外旅行用プランを利用するよりも安く済んだのでよかったです。
レンタルWiFiは初めて利用しましたが、空港で受け取りと返却ができるのは助かりました。直前の申し込みでも利用できるので、急遽必要となった場合でも利用可能です。返却もわざわざ郵送する手間が省けるので楽でした。

アメリカ大陸周遊旅行のすすめ

アメリカ大陸は非常に広く、それぞれの都市に違った魅力があります。そのため、アメリカ大陸で旅行をする場合には、周遊旅行にするのがおすすめです。周遊とはふたつ以上の都市を訪問する旅行のことで、さまざまな都市があるアメリカにはぴったりの旅行形態だといえます。
例えばアメリカには、世界有数の都市であるニューヨークがあります。ニューヨークはさまざまな情報の発信地であり、一大観光地でもあります。また、カジノで有名なラスベガスや世界的なテーマパークがあるロサンゼルス、国際色豊かなグルメが楽しめるサンフランシスコなど、魅力的な都市がたくさんあります。また、グランドキャニオンを始めとした広大な自然も広がっているため、さまざまな視点から楽しむことができます。アメリカだけでなく、カナダに訪れてみるのもおすすめです。このようにさまざまな都市を巡る周遊旅行は、アメリカ大陸を旅するのにうってつけの方法なのです。
周遊旅行とはいっても、その方法はいくつかあります。その中でも、代表的なふたつの方法をご紹介します。これらの方法を利用すれば、簡単に周遊旅行を行うことができます。

ストップオーバー

ストップオーバーとは途中降機のことで、乗継地に24時間以上滞在することをいいます。目的地に向かう際に、別の空港で乗り継ぎを行うケースがあります。このとき、通常であればすぐに乗り継ぎを行って出発しますが、乗継地で24時間以上過ごすことができる場合があります。これがストップオーバーで、うまく利用できれば1回のフライトでふたつ以上の都市で観光を楽しむことができます。ストップオーバーの扱いに関しては航空会社によっても異なるため、事前に確かめておく必要があります。

オープンジョー

オープンジョーは、出国時の到着地と帰国時の出発地が異なる旅行形態です。例えば東京から出発してロサンゼルスに到着した場合。1都市だけの旅行であれば帰りもロサンゼルスからの出発となりますが、電車などの移動手段で別の都市に移動し、観光後にその都市から東京行きの飛行機に乗るということもできます。これが、オープンジョーです。

まとめ

北アメリカやカナダは日本に比べて、フリーWiFiが広く普及しています。そのため、WiFiが利用できる店舗も多く、出先でもインターネットを利用することができます。しかし、フリーWiFiは不特定多数の人が利用することからセキュリティに不安があり、また場所によっては接続しにくかったり速度が遅かったりといったこともあります。フリーWiFiが充実している北アメリカ・カナダとはいえ、安全かつ快適にインターネットを利用したいのであれば、レンタルWiFiを利用するのがおすすめです。

アメリカのフリーWiFi事情、レンタル情報はこちら