オーストラリアで使えるWiFi事情・レンタル情報

オーストラリアで使えるWiFi事情・レンタル情報

グレートバリアリーフ

エアーズロックなどの雄大な自然、その独特の環境から生まれたコアラやカンガルーといった生き物などオーストラリアには多くの見所があります。またUFOなどの目撃例も多く、オカルト探訪にオーストラリアを訪れる観光客もいるようです。広大なオーストラリアを旅行する場合、やはりライフラインになるのがインターネット環境です。迷子防止のナビアプリや困ったときの通訳・翻訳アプリをいつでも使えるようにしておくためにも、インターネット環境は旅行前に用意しておく方が安心です。

オーストラリアで無料WiFiは使えるの?

オーストラリアの街並み

オーストラリアといえば、海、森林、渓谷など手つかずの大自然が残る魅力的な国です。そんなオーストラリアには、現在さまざまな場所に無料WiFiが設置されています。空港やホテルをはじめ、マクドナルドなどの有名チェーン店やカフェでも無料WiFiを使用することができます。

シドニー空港

オーストラリアの首都、シドニーの玄関口です。国内線・国際線ともに、無料WiFiが設置されています。使用容量は550MB、利用時間は2時間以内という制限があるので注意が必要です。より快適にインターネットを利用したいのであれば、レンタルWiFiを持参することをおすすめします。

メルボルン空港

シドニー空港と同じく、国内線・国際線ともに無料WiFiを使用することができます。ネットワーク名は「MELAIR FREE」で、簡単なアンケートに答えることで使用できるようになります。

ブリスベン空港

国内線・国際線両方で無料WiFiを使用できます。ネットワーク名「BNE Free WiFi」を選択すれば、すぐにネットワークを接続することができます。ただし利用時間は1時間以内、使用容量は28MBまでという制限が課せられているので、その規定を忘れてはいけません。安定したインターネット環境を利用したいのであれば、レンタルWiFiの使用を検討してみましょう。

オーストラリアでは、主要都市の各ホテルにも無料WiFiが設置されているケースが一般的です。しかし、無料WiFiが使用できるのはホテルのロビーエリアのみに限られていることも多いので注意が必要です。客室では1日に1~2時間程度が無料で、それ以降は有料サービスに移行する場合があります。

また、客室では有線による有料接続しかできないケースもあり、ホテルによってWiFi事情がまちまちです。共有パスワードや、宿泊ゲスト一人ひとりに渡される個別パスワードによる接続が必要なケースもあります。チェックインの前に、自身が宿泊するホテルがどのようなWiFiサービスを行っているのかをよく確認しておきましょう。

マクドナルドであれば確実にWiFiが使える

確実にWiFiを使用したいのであれば、マクドナルドに向かうのがおすすめです。オーストラリア全土のマクドナルドでは、無料WiFiを使用することができます。また、オーストラリアの主要都市にはカフェが多く、カフェ専用のWiFi環境が整っているケースもみられます。カフェの入り口やレジ付近に「Free WiFi」の表記がないかを注意深く探してみましょう。

フリーWiFiの問題点

これらの無料WiFiには、問題点もあります。一例としてあげられるのが、接続が不安定だという点です。移動しながらWiFiを使用すると、接続が切れてしまうことがあります。スマートフォンでマップを見ながら移動できないのは、旅行者にとってかなりの痛手といえるのではないでしょうか。マップ検索や電話番号検索を行うたびに無料WiFiスポットを探すというのは、非常に面倒です。そこで活躍するのが、レンタルWiFiです。

オーストラリア向けのWiFiを選ぶときにはここをチェック!

前述したように、オーストラリアのWiFiは移動中に切れることが多く、接続の面でやや不安定な一面があります。レンタルWiFiであれば接続が切れる心配もなく、安定してインターネットやSNS更新を行うことができます。
ここで注意しておきたいのが、レンタルWiFiを選ぶ際のポイントです。以下でそのポイントをいくつかご紹介します。

通信速度

レンタルWiFiを選ぶにあたってまず注目したいのが、通信速度です。レンタルWiFiの回線には3Gプランと4Gプランが提供されていますが、渡航先の国で4G回線が敷かれているのであれば4Gプランを選ぶのがおすすめです。3G回線は通信速度が遅く、画像の読み込みやマップ検索に時間がかかってしまいストレスが生じるためです。また、4Gプランであれば3Gエリアと4GLTEエリアの両方で使用できるケースがほとんどです。より広いエリアで、快適なインターネット環境を確保することができます。

容量

レンタルWiFiを使用する際は、容量に注意することも大切です。各社の通信容量制限にも気を配り、適切なプランのレンタルWiFiを選んでいきましょう。1日の通信容量を超えると、通信ができなくなるケースもあるため要注意です。グループで使用する際など、通信容量制限が気になるのであれば、大容量プランを提供しているレンタルWiFiを選ぶのが賢明です。大容量プランのレンタルWiFiであれば、1日500MB~1GBの容量が保証されているので、インターネットで頻繁に調べものをする方も安心です。

バッテリー

レンタルWiFiを快適に使用したいのであれば、予備バッテリーを用意することも忘れないようにしましょう。レンタルWiFiのバッテリーは、連続使用可能時間が3~4時間程度なのが一般的です。海外旅行では1日中外出していることが多いので、レンタルWiFiのモバイルバッテリーは不可欠です。提供会社によって、モバイルバッテリーの使用料金や料金体系は異なるため、事前に確認して自身にあったバッテリーを選んでいきましょう。

上記に注意してレンタルWiFi選びをすれば、オーストラリア旅行を快適に楽しむことができます。

オーストラリアのWiFiレンタルサービスの比較

1日あたりの料金

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【3G】980円
【4G-LTE】1,580円
【3G】980円
【4G-LTE】1,580円
なし
グローバルWiFi 【3G】1,170円
【4G-LTE】1,470円
【3G】1,470円
【4G-LTE】1,670円
【超大容量プラン】1,870円
※4G-LTEのみ
テレコムスクエア 【3G】680円 なし なし
JALエービーシー 【3G】1,150円
【4G-LTE】1,250円
エクスモバイル 【3G】750円 【4G-LTE】 950円 【4G-LTE大容量プラン】1,100円/日
フォートラベル 【3G】1,170円
【4G-LTE】1,470円
【3G】1,470円
【4G-LTE】1,670円
【超大容量プラン】1,870円
※4G-LTEのみ
ジャパエモ プランによる※7日間4GLTEプランの場合 598円

利用可能データ容量

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 400MB 500MB 1GB
グローバルWiFi 250MB 500MB 1GB
テレコムスクエア 250MB 500MB なし
JALエービーシー 無制限
エクスモバイル 300MB 500MB なし
フォートラベル 250MB 500MB 1GB
ジャパエモ プランによる※10日間1GBプランの場合
1GB

オーストラリアに対応している周遊プラン

周遊プラン料金
イモトのWiFi 世界周遊プラン
1,580円
グローバルWiFi 世界周遊プラン
2,180円
テレコムスクエア 世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,380円
世界周遊Wi-Ho!4G 1,980円
JALエービーシー 56ヶ国周遊プラン
1,780円

周遊プラン
1,990円
エクスモバイル 世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル 世界周遊プラン
1,870円
※特定の組み合わせを除く
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエア 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JALエービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

6日間レンタルした場合の料金比較

レンタル料金 補償料 受取手数料 合計費用
イモトのWiFi(4G) 1580円×6日
=9480円
216円×6日
=1296円
500円保障あり 11276円
保障なし 9980円
グローバルWiFi(4G) 1470円×6日
=8820円
216円×6日
=1296円
500円保障あり 10616円
保障なし 9320円
テレコムスクエア(3G) 680円×6日
=4080円
216円×6日
=1296円
540円保障あり 5916円
保障なし 4620円
JALエービーシー(4G) 1250円×6日
=7500円
210円×6日
=1260円
0円保障あり 8760円
保障なし 7500円
エクスモバイル(3G) 750円×6日
=4500円
2,160円(受取・返却手数料) 保障なし 6,660円
フォートラベル(4G) 1470円×6日
=8820円
216円×6日
=1296円
500円保障あり 10616円
保障なし 9320円
ジャパエモ

レンタルWiFiの受取場所

ビザ代行業者や一部レンタル業者の中には現地にショップを持っている会社もありますが、グローバルWiFiやイモトのWiFi他、ほとんどのレンタル業者は現地での受取・返却は不可になっています。日本国内主要空港や宅配・本社での受取のみ対応となっているので、受取手数料・宅配費用といった手数料も含めた費用を確認し、用意しておきましょう。

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

オーストラリアの電圧は220V~240V、周波数は50Hzです。また、オーストラリアのコンセントタイプの主流はOタイプになっています。ハの字の差し込みとその下に縦の差し込みがある3つ穴の形状です。コンセント形状が日本と異なるので、利用する際にはコンセントアダプタが必須です。変圧器は利用する電化製品が現地の電圧に対応していない場合に必要になります。

利用者の声

オーストラリアは無料ホットスポットが少ないので、観光旅行の際にはレンタルWiFiを用意したり、SIMカードやルーターを購入したりする人も多くいます。レンタルWiFiでは高速回線の4G-LTEなどの利用できますし、現地での契約やコミュニケーションに自信がなければ、やはり国内でレンタルWiFiを用意しておくのが安心です。実際に利用した利用者の声をご紹介します。

boy

キュランダでコアラや鳥と一緒の写真をアップ

キュランダにあるコアラガーデンズに行ってきました。小さな村でしたから、通信状態には期待できないかなと思っていたのですが、レンタルWiFiを使ってみたら快適に利用できました。通訳してもらい、念願のコアラとのツーショット写真を撮って、SNSやLINEですぐにその場で自慢もできました!その後、バードワールドで鳥の写真を撮ったり、博物館を廻ったりもしました。通訳アプリや翻訳サイトがきちんと開けていたので、とても楽しく旅ができました。

boy

市街メインの観光では問題なしでした

メルボルンなどの市内や街中で利用しましたが全く問題なく繋がりました。通信環境が良かったのか、YouTubeなども利用できました。マップも日本と比べると確かに時間はかかりますが、それほどストレスにならないくらいサクサクと動いていたので問題なかったです。ゴールドコーストやエアーズロックなどの自然の観光スポットには、今回の旅行では行かなかったのでわかりませんが、さすがに山では厳しいかもしれないですね。

boy

展望台での接続状態はあまり期待できない

さすがに山や自然公園になると厳しかったです。通信が遅いし、圏外になる場所もありました。スカイポイント展望台ではやはり繋がらなかったけれど、土ボタルの洞窟では速くはありませんでしたがなんとか繋がっていました。今回は、市街地ではない場所での利用が多く電波の入りにくいことが多かったです。現地のSIMカード携帯でも繋がりにくかったので現地通信の問題かもしれません。内陸になると通信が繋がりにくい傾向にあるようです。

boy

キャンベラでレンタルWiFiを落としてしまいました

最初に渡されたポーチに入れて運んでいたのですが、歩き回っているうちに落としてしまったらしいんです。次の場所に移動した後に、レストランの場所をチェックしようとしてマップが繋がらなくなったことで紛失が発覚しました。慌てて現地警察に連絡を取って探してもらったのですが見つからず。レンタル会社に連絡して弁償について相談しようと思ったら、安心補償プランに加入していたおかげで費用を負担せずに済みました。治安の良い場所でも、やはり紛失に備えることは大事ですね。

boy

月契約のロングプランで安心

安定した治安で人気のオーストラリアに、短期間でホームステイをしました。下宿先のネット環境がダイヤルアップ回線だと聞いていたので、1か月程度の滞在でしたが、日本からレンタルWiFiを持って行くことにしました。SNSや動画も問題なく動くし、SKYPEやLINEで日本の友人とやり取りもできました。レンタルWiFiのおかげで、ホームシックも特になく過ごせました。長期の割引があったので、日数でのレンタル契約の費用よりもずっと安く利用できたのが良かったです。

boy

エアーズロックでも活躍

やはりオーストラリアといえば、エアーズロック登山。さすがにレンタルWiFiでも、エアーズロック周辺でのネット通信は無理だろうと期待していませんでした。しかし、予想していたより問題なくLINEでのやり取りができました。写真データを日本の友人に送るときには、やはり時間がかかりましたが、きちんと相手に届きましたよ。容量オーバーが怖かったので、大容量プランにしておいたのも良かったと思います。モバイルバッテリーがあったので無事帰りまでレンタルWiFiを活用できました。

boy

大容量モバイルバッテリーは必須

ネットのヘビーユーザーにとってSNSチェックやニュースチェックは欠かせない日課です。自分で言うのも変ですが、すごいヘビーユーザーなので、海外でもマップやナビアプリだけでなくSNS通知のチェックやネットに写真アップとかできる方がいいと大容量プランでレンタルしました。常に電源をつけたままで、すぐバッテリ切れするのでやっぱり大容量モバイルバッテリも必須でした。スマホの充電にも使えるし、持ってなければレンタルしておく方がいいですよ。

boy

ハネムーンで行ったメルボルンで使いました

新婚旅行でオーストラリアへ行きました。メルボルンのグレートオーシャンロードをレンタカーで観光しました。その際は、カーナビのついていない車を借りて、レンタルWiFiを活用することにしました。妻にマップやナビをスマホでチェックしてもらいながら、グレートオーシャンロードまで行きましたが、特に問題なく利用することができました。ナビのおかげで、無事に12使徒奇岩もみることができましたよ。

boy

アデレードで単独ワイン観光の旅

ワイン目的のアデレード観光を企画!気ままな一人旅だったので、通訳アプリとマップアプリ、それとSNS(とくにLINE)を主に利用しました。モバイルバッテリでレンタルWiFiやスマホを充電しながら、ナショナル・ワインセンターからワイナリー探訪を堪能。ワインに合う、現地の料理やグルメ情報もチェックしてたくさんのステキな写真とお土産が手に入りました。ほとんどストレスなくネットが使えたので、本当に助かりました。また借りてオーストラリア旅行したいと思います。

boy

レンタルWiFiの方がお得だった

写真映え抜群!これぞオーストラリアというオシャレな街並みとカラフルな建物、ハイセンスなオペラハウスに、ショッピングやグルメと大満足のシドニー旅行でした。日本から持って行ったレンタルWiFiが大活躍でした。市街観光だったのでネットの繋がりもよかったし、グルメ写真や風景写真もちゃんとアップできました!ホテルで聞いたらホテルの部屋のネット環境は1日で30A$といわれたので、レンタルWiFiの方が断然安かったです。またリピートします!

絶景スポットがたくさん!オーストラリア

手つかずの大自然が残るオーストラリアは、めずらしい野生動物を観察したり、トレッキングやシュノーケルなどのアクティビティを楽しんだりとアクティブ派にはたまらない魅力がいっぱいです。そんなオーストラリアの魅力的なスポットを、以下でご紹介していきます。

エアーズロック

エアーズロック

広大な砂漠にそびえる、巨大な一枚岩です。別名「ウルル」とも呼ばれ、登山やサンセット鑑賞を楽しむことができます。オーストラリアといえば、この名所を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。朝日や夕日を受けて赤く浮かび上がる岩肌は、オーストラリアの大自然を象徴する絶景です。大自然の圧倒的な存在感をみせます。

オペラハウス

オーストラリアの首都・シドニーを代表する建築物といえばオペラハウスです。1959年から1973年にかけて建設され、2007年には世界遺産に登録されました。この独特な外観デザインは、コンペティションによって選出されたデザインだといわれています。当時無名だった建築家・ウッツォンのアイデアで、貝殻がいくつも重ねられたような独特の外観は、一度見たら忘れられない存在感を放っています。見学ツアーに参加したり、ミュージカルやコンサート鑑賞をしてみたりするのがおすすめです。

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ

オーストラリアといえば、コアラやカンガルーなどの動物を思い浮かべるという方もいるのではないでしょうか。カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリでは、そんな動物たちが自然環境に近い形で飼育されています。可愛らしいコアラをはじめ、ワニやインコ、エミューへのエサやり体験などを楽しむことができます。可愛らしい動物たちと触れ合って、思いっきり癒やされてみましょう。

キュランダ鉄道

世界遺産の熱帯雨林に囲まれた村・キュランダと、ケアンズの街を結ぶ観光鉄道です。移動時間はおよそ2時間。100年以上の歴史を誇るレトロな鉄道で、情緒ある旅を楽しむことができます。鉄道の線路を囲む熱帯雨林には、400種ほどの希少な植物が自生しているというから驚きです。キュランダの熱帯雨林は「世界最古の熱帯雨林」とされ、鉄道から眺めるだけでも冒険心をかき立てられること間違いなしです。道中では景勝地のひとつ「バロン滝」や「ストーニー・クリーク滝」なども見ることができ、オーストラリアの大自然を身近に感じることができます。

パロネラパーク

ケアンズから南に100kmほど行ったところにある、熱帯雨林に囲まれた庭園です。州の重要文化財に指定されている他、結婚式場としてもよく使用されています。うっそうとしたジャングルの中に突如現れる古城は、まるで映画のワンシーンを見ているかのよう。パロネラパークを建築したのは、一人のスペイン人移民の男性でした。彼は「お城に住む」という自身の夢を叶えるべく、たった一人でジャングルを開拓してお城と庭園を築き上げます。そんな彼の夢が詰まったパロネラパークは、一見の価値あり。緑の中の幻想的な風景に、心が奪われること間違いなしです。

グレートバリアリーフ

オーストラリア・クイーンズランド州の東岸に位置する、世界最大のサンゴ礁群です。その全長はなんと2,000km以上もあり、海域面積は日本列島に匹敵します。透明感あふれる美しい海には、1,500種もの魚類と400種ものサンゴが生息しています。予算や日数に余裕があれば、海域をじっくり回ってシュノーケルをしたり、ガラスボートで水中観察を楽しんだりするのがおすすめです。小型飛行機のフライトで、上空から青い海を鑑賞するのも人気です。生き物たちの楽園・グレートバリアリーフを存分に楽しみましょう。

まとめ

雄大で美しい大自然が残るオーストラリアは、見どころたっぷりの魅力的な国です。そんなオーストラリア旅行をより快適にするためには、やはり安定したインターネット環境が不可欠です。レンタルWiFiがあれば、ストレスを最小限に抑えて快適なインターネット環境を確保することができます。また、エアーズロックなどの大自然の中でもレンタルWiFiがあればインターネットの接続が切れる心配もありません。オーストラリア旅行へ行く前に、自身に合ったレンタルWiFi選びを忘れずに行いましょう。

渡航国データ オーストラリア

主な通信規格分布 4G-LTE回線 通貨 A$(オーストラリアドル)
コンセントタイプ Oタイプ 税率 10%
電圧・周波数 220~240V 50Hz 両替レート
※2017/1/10現在
A$=85.280円
日本(東京時間)との時差 ー1時間~1時間
(10月の第1日曜日から4月の第1日曜日までのサマータイム期間中は1時間伸びる
※一部地域を除く)
気温 最低気温6℃~最高気温32℃
東京成田からオーストラリアまでの
フライト時間
7時間~9時間30分 気候 赤道付近は乾燥地帯や亜熱帯の気候だがメルボルンでは雪が降ることもある
成田出発日から到着日時例 12月07日19時30分→12月07日07時15分着
(例:シドニー行9時間40分)
主な交通手段 飛行機/鉄道/バス/タクシー/レンタカー
フェリー/モノレール/トラム