ヨーロッパのWiFi事情・レンタル情報

ヨーロッパのWiFi事情・レンタル情報

ヨーロッパの夜景

ヨーロッパでの旅行では、観光地の情報を調べたりSNSを利用したりと、インターネットを利用する機会が多くあります。そういったときにWiFiが利用できれば、快適にインターネットを利用することができます。しかし、ヨーロッパはそれぞれの国によってWiFi環境が異なるため、利用の際には注意が必要です。

ヨーロッパのWiFi事情は国ごとに異なるので、以下にまとめました。

ヨーロッパの国別WiFi事情

フランス

フランスの街並み

フランスは、首都であるパリを中心にWiFiが発達している国です。無料WiFiが多い国なので、インターネット環境は整っています。ただし、日本に比べるとセキュリティ面で甘い部分があるので、無料WiFiを使用するときは注意しなければなりません。また、セキュリティを強化してもインターネットに接続するときはリスクがあることを十分に理解した上で使用する必要があります。これは、「Paris wifi」の規約に掲載されており、無料WiFiを使用する場合、万が一何か起こっても自己責任になると理解しておきましょう。

フランスのフリーWiFi事情、レンタル情報はこちら

イギリス

イギリスの街並み

イギリスは、空港やカフェ、デパートなどを中心に無料WiFiスポットがたくさんあります。日本よりも無料WiFiの設備が整っているため、さまざまな場所で使用できます。しかし、無料WiFiを頼りに地図を見ながら移動することには不向きです。接続が切れやすいので、無料WiFiが確実に使用できるところに立ち止まって情報を調べる必要があります。

イタリア

イタリアの街並み

イタリアは、日本ほど無料WiFi環境が整っていません。少しずつ街中やホテルに増えてきていますが、時間制限があり超過すると有料になるなど、不便を感じることもあります。また、無料WiFiが使用できる場所を見つけても電波が微弱で通信速度が遅い場合があります。アクセスが集中した場合、インターネットが全く使えないこともあります。

スペイン

スペインでは、バルセロナをはじめとして市が独自に無料WiFiを設置しています。午前8時~深夜1時までが無料で使用できますが、この時間帯以外は使用できないので注意が必要です。場所によって無料WiFiがつながりにくいところもあります。また、屋外で使用するときは端末から目を離さないようにし、周りに不審な人物がいたら使用しないようにしましょう。

ドイツ

ドイツはインターネットの使用に多くの規定があるため、無料WiFiが少ない国です。主にホテルや大手の飲食店などに無料WiFiが設置されていますが、街中にはほとんど無料WiFiのスポットがないので、散策しながら無料WiFiを使用することが困難な環境です。また、セキュリティ面にも心配があるので、使用するときは注意が必要です。

ドイツのフリーWiFi事情、レンタル情報はこちら

ヨーロッパの無料WiFiについて

フランスとイギリスはWiFi環境が整っているので、他の国に比べると無料WiFiが使用しやすいエリアです。しかしイタリア・スペイン・ドイツは無料WiFiが少なく、使用できるところが限られています。
ここでは、そうしたヨーロッパで無料WiFiが利用できる場所や、利用する際の注意点などについてご紹介します。

無料WiFiがある場所

空港
ヨーロッパの各国の空港には、無料WiFiが設置されています。しかし、空港によっては「15分まで無料」など利用できる時間が制限されていることがあるので注意が必要です。

ファストフード・カフェ
日本にもあるマクドナルドやスターバックスで無料WiFiが使えます。

ホテル
有名な観光地がある地域のホテルなら無料WiFiが設置されていることが多くなっています。しかし、田舎の方へ行くとWiFi環境がない場合があるので注意が必要です。

無料WiFiのデメリット

事前設定が難しい
無料WiFiの使用設定する際に、英語ではなく現地の言語で書かれていることが多く、設定するのが難しい場合があります。

速度が遅い
無料WiFiがある場所は、多くの方が使用しようとアクセスするので速度が遅くてなかなかつながらなかったり、使えなかったりするときもあります。

時間制限がある
ヨーロッパの無料WiFiは、時間制限が設けられていることがほとんどです。再設定する必要があったり、規定の時間を超えると接続が有料になったりすることがあるので要注意です。

ヨーロッパの無料WiFiがある設置場所は、空港や日本にもあるファストフード・カフェ、有名な観光地のホテルがほとんどです。ただ、無料WiFiを使用する際は、デメリットもあり簡単にネットを利用できない状況ともいえます。スムーズにネットを利用したいのなら、ヨーロッパで使用できる「レンタルWiFi」がおすすめです。

ヨーロッパのWiFiレンタルサービスの比較

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【3G】980円
【4G-LTE】1,580円
【3G】680円
【4G-LTE】1,280円
ギガプラン】1,880円
※4G-LTEのみ
グローバルWiFi 【3G】870円
【4G-LTE】1,170円
【3G】1,170円
【4G-LTE】1,370円
【超大容量プラン】1,570円
※4G-LTEのみ
テレコムスクエアWi-Ho! 【3G】590円 【3G】890円 なし
JAL エービーシー 【3G】1,150円
【4G-LTE】1,250円
なし なし
エクスモバイル 【4G-LTE】750円 【4G-LTE】 850円 なし
フォートラベル 【3G】510円
【4G-LTE】740円
【3G】510円
【4G-LTE】740円
【超大容量プラン】1,340円
※4G-LTEのみ
ジャパエモ プランによる※8日間3GBプランの場合 535円

受取り・返却の手数料について

空港受取り手数料 宅配受取り手数料 宅配返却の送料
イモトのWiFi 500円 500円 送料自己負担
グローバルWiFi 500円 500円 送料自己負担
テレコムスクエアWi-Ho! 540円 無料 送料自己負担
JAL エービーシー 無料 750円 送料自己負担
エクスモバイル 1,080円 540円 360円(レターパック利用)
フォートラベル 500円 500円 送料自己負担
ジャパエモ なし

ヨーロッパに対応している周遊プラン

周遊プラン料金
イモトのWiFi ヨーロッパ周遊プラン
1,280円
世界周遊プラン
1,580円
グローバルWiFi ヨーロッパ周遊プラン
3G-LTE・500MB 1,280円
4G-LTE・500GB 1,680円

世界周遊プラン
2,180円
テレコムスクエアWi-Ho! ヨーロッパ周遊Wi-Ho!4G 1,180円

世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,380円
世界周遊Wi-Ho!4G 1,980円
JAL エービーシー 周遊プラン
1,990円
エクスモバイル アジア周遊プラン
通常(200MB)プラン:950円
大容量(500MB)プラン:1,250円

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル ヨーロッパ周遊プラン
3G-LTE・500MB 1,280円
4G-LTE・500GB 1,680円

世界周遊プラン
2,180円
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエアWi-Ho! 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JAL エービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

ヨーロッパ周遊旅行のレンタルWiFiを利用した方の声

ヨーロッパの周遊旅行へ行くとなったら、現地の観光情報を調べたり、現地で撮影した写真をSNSなどにアップすることもあります。しかし、ヨーロッパの有名な観光地以外は無料WiFiが少ない状況です。
無料WiFi以外だと海外パケット専用のプランの利用ですが、1日に1,500円以上の料金がかかります。快適にネットを利用したいのなら、レンタルWiFiがおすすめです。どれほど快適に利用できるのか、実際にレンタルWiFiをヨーロッパ周遊旅行で利用した方の声をまとめてみました。

boy

レンタルWiFiの価格と内容に十分満足できました。コスパ最高です。

渡航先【イタリア・スペイン】利用日数【10日間】
初めてレンタルWiFiを利用しました。夫婦2人で利用しましたが、コストパフォーマンスを考えると容量と通信速度は十分でした。時々通信速度が遅くなったときもありましたが、比較的に安定していて田舎の地域でも十分にネットをつなげることができました。デメリットをひとつあげれば、バッテリーが1日持ちません。夜のうちに充電しておくことをおすすめします。

boy

特に問題なく利用できました。

渡航先【イタリア・ギリシャ】滞在日数【11日間】
レンタルWiFiの料金が安かったので利用しました。通信環境は、意外なところでつながったり、つながりそうでつながらなかったりするところもありました。バッテリーの持ちは、長時間の利用ではなかったので十分使えました。それに、ホテルや船の中で充電器にレンタルWiFiをつなげたまま利用していたので特に不便を感じませんでした。

girl

街散策に欠かせません。

渡航先【トルコ・フランス】滞在日数【6日間】
現地で地図を検索したかったのでレンタルWiFiを利用しました。メールとウェブサイト検索、マップ中心で使いましたが、バッテリーの持ちもよくて不自由なく使えました。街散策するために利用するのなら、レンタルWiFiは便利です。機会があったらまた利用したいと思っています。

girl

電池の持ちもよくて接続も早かった!しかも料金が安くて大満足!

渡航先【スペイン・ポルトガル】滞在日数【10日間】
初めてヨーロッパ旅行へ行くことになったので、レンタルWiFiを利用しました。レンタルWiFi自体は、他の海外へ行ったときに使ったことがあったけど、電池の持ちが悪くてサービス内容も満足できませんでした。けど、今回のレンタルWiFiは設定も簡単でパスワードを入力するだけでした。主に現地の地図を見るのに使いましたが、問題なく使えました。ネットもスムーズにつながったし、バッテリーも持ちがよくて1日中外にいても問題なく過ごせました。割引もあってさらに安くなったし、大きなトラブルもなかったので安心して利用できました。次回も利用します!

ヨーロッパの周遊旅行のすすめ

ヨーロッパ旅行へ行くのなら、周遊することをおすすめします。ヨーロッパ内の国は、陸続きで隣接しているので鉄道やレンタカーなどで簡単に移動できます。EU内であれば、パスポートが不要なので日本国内を移動する感覚で違う国に移動できます。また、ヨーロッパ内の国は少し前までそれぞれ独立した国だったので、全く違う文化に触れられるという魅力があります。ここでは、魅力たっぷりのヨーロッパ周遊旅行についてまとめてみました。

1.ヨーロッパ周遊旅行のメリット

  • ・それぞれの国が隣接しているので移動が格安できるから1カ国だけでなく複数の国を周ったほうがお得。
  • ・鉄道などの交通機関を利用したら、さまざまな国に行けて異なる文化に触れられる。
  • ・ヨーロッパでどこの国を周ろうかと考えたときに決められない方におすすめ。
  • ・好きな国を周遊できるので自由度の高い旅行が楽しめる。

以上、ヨーロッパを周遊するメリットでした。上述した通り、自由度の高い旅行を楽しめるのがヨーロッパ周遊旅行の魅力です。
続いて、人気の周遊プランをご紹介します。

2.おすすめの周遊プラン

飛行機を乗り継いで2都市周遊する
目的地まで飛行機の乗り継ぎ便を利用した場合、乗り継ぎを行う土地で24時間以上滞在できるストップオーバーを利用して2都市周遊ができます。例えば、日本からロンドンへ行く場合、乗り継ぎを行う土地がヘルシンキとなり、何泊かヘルシンキで過ごすことができます。1都市往復と変わらない航空運賃、または少額の追加料金で2都市周遊できるお得なプランです。

陸路を活用して周遊する
往復航空券の到着する空港と出発する空港を別に指定できるオープンジョーを利用した周遊プランがあります。例えば、往路をパリ到着にし、復路をバルセロナ出発にした場合、パリからバルセロナ間の移動が自由にできます。バスや列車、レンタカーなどの陸路を活用できるので、さまざまな計画を立てることができます。

飛行機を乗り継いで3都市周遊する
往路と復路をそれぞれ乗り継ぎ便で利用した場合、それぞれの乗り継ぎ場所で24時間以上滞在できるストップオーバーで3都市周遊できます。例えば、往路をパリとバルセロナにして復路をローマにした場合、パリとバルセロナとローマの3都市を周ることができます。航空券によっては、追加料金なしでヨーロッパ内での途中降機が2回まで可能になることも。ヨーロッパの3都市を周遊したいなら旅行を計画するときに、周遊可能なルートを探してみてください。

ヨーロッパ周遊のWiFiレンタル料について
ヨーロッパ周遊プランのレンタルWiFiは、ヨーロッパの1カ国のみで利用できる専用プランに比べて1日当たりのレンタル料が高く設定されています。しかし、1台のレンタルWiFiをグループでシェアすると、1人当たりのレンタル料が安くなります。
レンタルWiFiのルーターは、1台を複数の端末と接続できるので、1台だけ申し込むと割安で利用できます。
ヨーロッパ周遊プランのレンタル料は、1日当たり920円~1,280円です。例えば、1日当たり920円のレンタルWiFiを2人グループで使うと1人当たり1日460円、4人グループで使うと1人当たり1日230円…というように人数が増えれば増えるほど非常に安くなります。複数人でヨーロッパ周遊旅行へ行くのなら、1台のレンタルWiFiをシェアすることをおすすめします。

まとめ

ヨーロッパ内の国は隣接しているため簡単に移動でき、周遊することができるのでたくさんの国へ足を運べるので1カ国だけだと損します。国によって異なる文化に触れられるチャンスなので、周遊旅行がおすすめです。
ヨーロッパ周遊旅行で無料WiFiの使用を考えるかもしれません。しかし、ヨーロッパのWiFi普及率は、国ごとに異なり、無料WiFiが利用可能な国でも、移動しながらネットを利用することができない、利用の時間制限があるなどのデメリットがあります。
ヨーロッパで快適にネットを利用するには、レンタルWiFiがおすすめです。レンタルWiFiには、2カ国以上周遊できるプランがあり、移動中やどこの国でも快適にネットを利用できます。また、1台のレンタルWiFiを複数人でシェアするとレンタルWiFiの料金が格安になるのでおすすめです。