グアム・サイパンで使えるWiFi事情・レンタル情報

グアム・サイパンで使えるWiFi事情・レンタル情報

グアムのビーチ

グアムとサイパンは、日本から直行便で約3時間30分の距離に位置する、北マリアナ諸島にあります。時差がわずか1時間と短い他、透明度の高いビーチで各種マリンスポーツを楽しめるなど、独自の魅力を豊富にもっています。そのため、人気観光地としてたくさんの方から支持されています。

そんなグアムとサイパンでは、フリーとレンタル、どちらのWiFiも使用可能です。また、グアム・サイパンともに北マリアナ諸島にあるので、同じレンタルWiFiで対応できます。そこで以下では、グアムとサイパンそれぞれのWiFi事情についてご紹介します。

グアム・サイパンのWiFi事情

グアムのWiFi事情

観光客が多いグアムでは、空港やホテル、ショッピングセンター、カフェなどでフリーWiFiを使用することができます。そのため、レストランを探したり、おみやげの日本価格を確認したりと、その場で気になったことをすぐに調べることが可能です。しかし、グアムには自然が豊かな観光地という一面もあり、そういう場所ではフリーWiFiが使えない、またはつながりにくい場合があります。そのため、グアムのフリーWiFiに関しては、都心で観光を楽しむ分には問題ないが、自然の中でアクティビティを楽しむというのであれば、苦労する可能性が高いといえます。

サイパンのWiFi事情

グアム同様、サイパンでもさまざまな場所でフリーWiFiを使用することができます。しかし、実際に観光した方々から「スピードが遅い」「つながりにくさを感じる」などの声があがっています。例えば、サイパンの主要都市であるガラパン・ストリートの無線電波帯域は2Gです。これは、インターネットを利用しようにも、何度も接続エラーが続くほどの数字です。全くつながらないわけではありませんが、日本では4Gが主流であるため、スピードの遅さやつながりにくさにストレスを感じてしまう可能性があります。

グアムやサイパンでWiFiを使う場面

WiFiを使う場面は、大きく4つに分けられます。

1つ目は、交通網の確認です。グアムでは移動に便利な赤いシャトルバスが運行しています。この赤いシャトルバスが今どこにいるかを確認したり、運行時間をチェックしたりする際などに、WiFiが大活躍します。

2つ目は、お店探しです。WiFiがあれば、現地の味を楽しめる飲食店をはじめ、ショッピングセンター、各種観光スポットなどを調べられる他、そのお店までの道のりも確認することができます。

3つ目は、翻訳アプリの利用です。グアムでは日本語が通じる場合が多いですが、必ずしもそうとは限りません。翻訳アプリが利用できれば、現地の方とのコミュニケーションをスムーズに楽しむことができます。

4つ目は、SNSの利用です。LINEでの連絡はもちろん、グアム・サイパンで食べたおいしい料理や、観光スポットの風景などの写真をInstagramにアップすることもできます。

グアム・サイパンでフリーWiFiを使える場所

グアムのビーチ

グアムとサイパンにおけるフリーWiFiの特徴に、ホテルやショッピングセンターなど、多くの人でにぎわう場所に設置されていることが多い、という点があげられます。そこで以下では、それぞれに共通するフリーWiFiスポットをご紹介します。

空港

まずあげられるのは、空港です。フリーWiFiが解放されているので、気軽にインターネットやSNSを利用できます。ただ、つながりにくかったり、スピードが遅かったりすることもあるので、快適に使用できるとは言い切れません。

ホテル

続いては、ホテルです。ホテルのフリーWiFiは宿泊者用である場合がほとんどで、使用するためにはフロントでパスワードを確認しなければなりません。基本的にはホテルのロビーや客室に設置されていますが、中にはホテルに隣接したビーチでもフリーWiFiを使用できるホテルもあります。しかし、接続の安定性に関しては完璧には程遠く、客室内であってもドア付近とベッドの上とでは、安定性が全く異なるというケースもあります。

ショッピングセンター

ショッピングセンターも、フリーWiFiを使用できる場所のひとつです。ほとんどのショッピングセンターに設置されているため、買い物中は無料でインターネットなどを楽しむことができます。ただ、中には有料で提供しているショッピングセンターもあるので、事前にきちんと確認することが大切です。なお、WiFi環境が整っているショッピングセンターには、タモンサンズプラザやDFSギャラリア、パシフィックプレイスなどがあります。

フリーWiFiは、ファーストフード店にも設置されています。マクドナルドやバーガーキングなど日本でもメジャーな店舗で使用できるため、ちょっとした安心感を味わいながらインターネットやSNSを楽しめます。

「Free WiFi」の看板を目印に

「Free WiFi」という看板が掲げられたレストランには、フリーWiFiが設置されています。特にアメリカから上陸したレストランは設置率が高くなっています。ホテルのWiFiが宿泊者用であるように、レストランのWiFiは利用客用となっています。料理をオーダーする際などに「WiFiを使いたいです」などと一言伝え、パスワードを教えてもらいましょう。中には、コーヒーを注文するとパスワードを教えてくれるというシステムを導入しているレストランもあるので、他の利用者の様子を確認しながらそのお店に合った方法でパスワードを確認しましょう。

この他、シャトルバスの停留所付近がフリーWiFiスポットになっていることもあります。バスが停留所の近くにいる際は、問題なくインターネットなどを利用できますが、離れてしまうとつながりにくくなってしまうのが難点です。

空港やホテル、ショッピングセンターとフリーWiFiを使用できる場所はたくさんあります。ただ、どこも場合によってはスピードが遅くなったり、つながりにくくなったりすることがあります。常に快適なWiFi環境下で過ごすためには、やはりレンタルWiFiの利用がおすすめです。

グアム・サイパンのWiFiレンタルサービスの比較

グアムでレンタルする場合の1日あたりの料金

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【3G】980円
グローバルWiFi 【4G-LTE】970円 【4G-LTE】1,170円
テレコムスクエア 【4G-LTE】980円 【4G-LTE】1,280円 なし
JALエービーシー 【4G-LTE】1,150円 なし なし
エクスモバイル 【4G-LTE】750円 なし なし
フォートラベル 【4G-LTE】970円 【4G-LTE】1,170円
ジャパエモ

サイパンでレンタルする場合の1日あたりの料金

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【3G】980円
グローバルWiFi 【4G-LTE】970円 【4G-LTE】1,170円
テレコムスクエア 【4G-LTE】980円 【4G-LTE】1,280円 なし
JALエービーシー 【4G-LTE】1,150円 なし なし
エクスモバイル 【4G-LTE】650円 なし なし
フォートラベル 【4G-LTE】970円 【4G-LTE】1,170円
ジャパエモ

受取り・返却の手数料について

空港受取り手数料 宅配受取り手数料 宅配返却の送料
イモトのWiFi 500円 500円 送料自己負担
グローバルWiFi 500円 500円 送料自己負担
テレコムスクエア 540円 無料 送料自己負担
JALエービーシー 無料 750円 送料自己負担
エクスモバイル 1,080円 540円 360円(レターパック利用)
フォートラベル 500円 500円 送料自己負担
ジャパエモ なし

グアム・サイパンに対応している周遊プラン

周遊プラン料金
イモトのWiFi 世界周遊プラン
1,580円
グローバルWiFi 世界周遊プラン
2,180円
テレコムスクエア 世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,380円
世界周遊Wi-Ho!4G 1,980円
JALエービーシー 周遊プラン
1,990円
エクスモバイル 世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル 世界周遊プラン
1,870円
※特定の組み合わせを除く
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエア 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JALエービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

グアムで4日間レンタルした場合の料金比較

レンタル料金 補償料 受取手数料 合計費用
イモトのWiFi(4G) 980円×4日
=3920円
216円×4日
=864円
500円保障あり 5284円
保障なし 4420円
グローバルWiFi(4G) 1170円×4日
=4680円
216円×4日
=864円
500円保障あり 6044円
保障なし 5180円
テレコムスクエア(3G) 1000円×4日
=4000円
216円×4日
=864円
540円保障あり 5404円
保障なし 4540円
JALエービーシー(4G) 1250円×4日
=5000円
210円×4日
=840円
0円保障あり 5840円
保障なし 5000円
エクスモバイル(3G)
フォートラベル(4G) 1170円×4日
=4680円
216円×4日
=864円
500円保障あり 6044円
保障なし 5180円
ジャパエモ

レンタルWiFiの受取場所

レンタルWiFiの業者は、現地にショップを持っていない場合がほとんどです。そのため、受取場所は日本国内主要空港と宅配・本社のみとなっています。また、各レンタルWiFiによって、空港における細かな受取場所や営業時間などは異なります。受け取る直前になって焦ってしまうことのないよう、事前に空港カウンター総合案内などで確認しておくことが大切です。
なお、レンタルWiFiの返却場所と受取場所は異なる場合が多いので、こちらも合わせて確認しておくことをおすすめします。

変圧器・コンセントアダプターのレンタル

グアム・サイパンの電圧は120ボルトです。日本は100ボルトとなっているので、変圧器が必要になりそうですが、実際は変圧器がなくても問題なく使用できます。それでも心配という方には、ユニバーサルタイプ(電圧がAC100~240ボルトまで対応可能)のアダプターを持っていくことをおすすめします。
グアム・サイパンのコンセントプラグは2種類あり、1つは日本と同じ使用の2本タイプで、もう1つは3穴タイプです。どちらのコンセントプラグでも、日本のプラグをそのまま使用することが可能なので、プラグ変換キットなどを用意する必要はありません。

利用者の声

フリーWiFiの設置場所が比較的多いグアム・サイパンですが、不具合が生じる可能性はゼロとは言い切れません。また、人気観光地とはいえ、なじみのない土地を観光するとなると不安がついてまわります。気持ちを落ち着かせ、グアム・サイパンを心ゆくまで楽しむためには、やはり立派なライフラインが必要不可欠です。そこでおすすめしたいのが、レンタルWiFiです。プランによっては高速回線4G-LTEが利用可能なため、いつどこでもインターネットなどを楽しむことができます。

girl

はじめてのレンタルWiFi、大満足です!

海外旅行には何度も行っているんですが、レンタルWiFiは今回がはじめてでした。受け取りも簡単だし、使い方もシンプルで初心者でも問題ありませんでした。かなりお手頃なのにきちんと接続され、通信スピードも文句なし。「今まで何で使わなかったんだろう」と思うくらい、その性能の高さに驚きました!バッテリーの持ちもよくて、1日中電源を入れっぱなしでもホテルに戻るまで問題なく使うことができました。今度また海外旅行へ行くときも、レンタルWiFiを使いたいと思います。

boy

エメラルドグリーンに輝くビーチの写真をSNSにアップ

イパオビーチに行ってきました!到着してすぐ、目の前に透明度の高いきれいなビーチが広がり、しばらく写真を撮りまくっていました。「この景色をはやく誰かに見せたい!」と思い、すぐにInstagramへアップ。レンタルWiFiを使用していたので、接続が遅いこともなく、スムーズに公開することができました。その後、友達からLINEで「どこにいるの?」と連絡があったので、再度レンタルWiFiの力を借りてメッセージと写真を送りました。そのときの感動をすぐ誰かに共有できるレンタルWiFi、すばらしいです!

girl

「もしも」に備えていてよかったです

レンタルWiFiを契約する際、オプションプランの「あんしんパックフル」に加入しました。このときは心のどこかで「とりあえず加入したけど、きっと何も起こらないだろう」と思っていましたが、サイパンで旅行中にレンタルWiFiを紛失してしまいました。いろいろと手は尽くしたのですが、結局見つからず……。多額の弁償になるに違いないと覚悟していたのですが、あんしんパックフルに加入していたおかげで弁償せず、事なきを得ることができました。レンタルWiFiを使用するときもそうですけど、何事も「もしも」に備えることって大切ですね。

boy

英語ができない僕を、レンタルWiFiが助けてくれました

英語が苦手な僕は、サイパンで常にレンタルWiFiで翻訳アプリを開き、現地の方とコミュニケーションを取っていました。そのおかげで、現地のおいしい料理が食べられ、有名な観光スポットに行くことができ、友人までつくることができました。もしレンタルWiFiを利用していなければ、僕は知らない土地で途方に暮れていたに違いありません。そう思うと、レンタルWiFiには感謝しかありません、本当にありがとうございました。絶対また使います!

boy

モバイルバッテリーはなくてはならないアイテム

僕はSNSの利用だけではなく、ニュースのチェックなどが日課なので、レンタルWiFiの大容量プランを契約。一日中電源を入れて使用するのが目に見えていたので、オプションプランのモバイルバッテリーも追加で依頼した。そのおかげで、ホテルに戻るまで充電が切れることはなく、快適な一日を過ごすことができた。もし、僕と同じような日課がある人がいれば、レンタルWiFiだけではなくモバイルバッテリーも合わせて用意しておくことをおすすめしたい。

美しいビーチを堪能するならグアム・サイパン!

グアムとサイパンの共通点は、温暖な気候と美しく輝くビーチです。まるで楽園にいるかのような時間を過ごせることから、人気観光地としてはもちろん、海外ウエディングにもよく利用されます。以下では、そんなグアムとサイパンの観光地をご紹介します。レンタルWiFiを持って、快適な環境下で観光を楽しみましょう。

グアムの観光地

恋人岬

グアムのシンボルとの呼び声高い「恋人岬」は、タモン湾の北端にある岬です。海抜123メートルにある展望台からは、エメラルドグリーンに輝くタモン湾を一望することができます。また、恋愛・縁結びのパワースポットとしての一面も持っており、岬にあるラブ・ベルと呼ばれる鐘を鳴らすと、恋愛が成就するといわれています
恋人岬という名の由来には、スペイン統治時代に起こった悲恋伝説が大きく関係しています。その時代、チャモロの美しい女性がスペイン総督に結婚を迫られていました。しかし、その女性には永遠の愛を誓った恋人がいたのです。にもかかわらず、しつこく結婚を迫ったスペイン総督は、女性とその恋人をこの岬まで追い詰めます。その結果、女性とその恋人は互いの髪の毛を結び、岬から身を投げました。この伝説が今世にまで伝わり、現在は多くの人たちの恋愛を応援する場所として人気を高めています。

イパオビーチ

高い透明度が魅力の「イパオビーチ」は、シュノーケルスポットとして高い人気を誇っています。サンゴや熱帯魚を見て楽しめる他、心地よい海風を浴びながらバーベキューを楽しむこともできます。トイレやシャワー、駐車場など設備も整っているので、安心してビーチを満喫することができます。
シュノーケルを楽しむ際は、海の色が濃くなっている箇所で潜ることをおすすめします。なぜなら、海の色の濃さは、サンゴの有無を表しているためです。色が濃くなればなるほどサンゴがたくさんあるということなので、サンゴと熱帯魚のコラボレーションを楽しみたい方は、ぜひご参考ください。

チャモロビレッジ

グアムで夜を過ごすのなら「チャモロビレッジ」がおすすめです。ここは、ハガニアにあるローカルショップが並ぶエリアで、工芸品やアクセサリーなどグアムらしい品々が販売されています。もちろん、チャモロ料理などグアムならではの食事を堪能することも可能です。そんなチャモロビレッジでは、水曜日の夜にナイトマーケットが開催されます。中央のステージでは現地の方によるバンド演奏やダンスなどを観賞でき、エリア一体は終始音楽と人々のざわめきでにぎわいを見せています。
チャモロビレッジへは、水曜日の夜のみ運行する「チャモロビレッジナイトシャトル」で行くことができます。乗車時間は約30分で、グアムプレミアムアウトレット(GPO)とTギャラリア、レオパレスから出発しているので、ぜひチェックしてみてください。

サイパンの観光地

ガジュマル大樹

guam1

精霊の宿る樹、多幸の樹と呼ばれている「ガジュマル大樹」は、パワースポットとして有名なスポットです。サイパンの市街地・ガラパンから高速ボートで約10分、大型船で約15分の距離に位置するマニャガハ島にあります。この大樹の前で写真を撮影すると、神様が守ってくれるといわれているため、足を運ぶ際はカメラやスマートフォンが必須です。レンタルWiFiを持参していれば、撮影した写真をすぐにSNSにアップすることもできます。都心で観光を楽しむのもよいですが、自然あふれる場所で生命の力をチャージするのもまたよいものです。サイパンへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

ウイングビーチ

サイパンを代表するビーチのひとつ「ウイングビーチ」は、まるでプライベートビーチのような雰囲気を持つスポットです。サイパンにある他のビーチに比べ観光客が少ないため、ゆったりとした静かな時間を過ごすことができます。そんなウイングビーチは、サイパンでも有数のダイビングスポットで、海の生き物たちと特別なひとときを楽しめます。シュノーケルもできるので、深く潜るのが苦手な方でも存分にサイパンのビーチを堪能することができます。また、美しいサンセットを望める点もウイングビーチならではの魅力です。一日の最後を、夕日と海、砂浜のきれいなコントラストで締めるのも楽しみ方のひとつです。

まとめ

グアムとサイパンは、フリーWiFiが整った観光しやすい場所です。しかし、自然に囲まれた場所などフリーWiFiがない、または届かないところもあるので、レンタルWiFiの持参がおすすめです。レンタルWiFiであれば、安定した接続性・スピードでインターネットやSNSを利用できます。スマートフォンのパケット通信料が高額になる心配もないので、長時間でも安心して接続することができます。 このような魅力を持つレンタルWiFiは、海外旅行における大きな味方になります。現地で不安を感じたり、困ったりしないよう、海外旅行に行く際はレンタルWiFiを持参しましょう。

渡航国データ グアム

主な通信規格分布 3G・4G-LTE回線 通貨 USD(アメリカドル)
コンセントタイプ Aタイプ 税率 0%
電圧・周波数 120V 60Hz 両替レート
※2017/7/20現在
USD=111.20円
日本(東京時間)との時差 +1時間 気温 最低気温25℃~最高気温32℃
東京成田からグアムまでの
フライト時間
3時間40分 気候 年間を通して気温が高い、海洋性亜熱帯気候。6月~10月が雨季にあたる。
成田出発日から到着日時例 7月20日10時30分→7月20日15時10分着
主な交通手段 飛行機/シャトルバス/タクシー/レンタカー

渡航国データ サイパン

主な通信規格分布 3G 通貨 USD(アメリカドル)
コンセントタイプ Aタイプ 税率 0%
電圧・周波数 120V 60Hz 両替レート
※2017/7/20現在
USD=111.20円
日本(東京時間)との時差 +1時間 気温 最低気温15℃~最高気温27℃
東京成田からサイパンまでの
フライト時間
3時間35分 気候 グアム同様に年間を通して気温が高い海洋性亜熱帯気候。6月~11月が雨季にあたる。
成田出発日から到着日時例 7月20日10時30分→7月20日15時05分着
主な交通手段 飛行機/シャトルバス/タクシー/レンタカー

[レンタルWi-Fi体験談] 現地で調達・グアム3泊4日 

現地ではそこら中にフリーWi-Fiが飛んでいるとはいえ、やはりネット環境がない状況に不便を感じ、ホテルフロントに相談したところそのホテルではWi-Fiレンタルを行っていたため到着した初日に借りました。
手続きは使い方や保証金の話を10分ほどされただけですぐにレンタル開始。レンタル代$30,保証金$150(保証金は返却時に返金),計$180。

まず日本国内同様にインターネットができることは非常にストレスのないことであると感じました。Wi-Fiと携帯の充電さえしておけばどこででも何でも調べることができるし、お土産物のことなどで悩んだ時はSNSツールを使えば日本にいる友人に相談することもできる。
逆に日本にいる方も滞在ホテルに連絡するまではない重要度の連絡を気軽に送ることができたそうです。

地図アプリ、メール、ネット検索目的のレンタルでしたが、私が滞在中によく使っていたのは地図アプリで、せっかくの旅行なのだからアナログの地図を片手に散策するのもいいとは思いますが、普段地図を真面目に眺めることがもうなくなってしまった私にとってはとても頭も時間も使う作業に思えました。
その点、Wi-Fiがあれば地図アプリで目的地までの道程を迷うことなくスムーズに迎える上に、道中で気になるお店があればネットで口コミを調べることだってできました。

他の海外と比べ、比較的に日本語の通じやすいグアムですが、どうしても聞き取れなかったり読めなかったりする英語が出てきた際にはスペルを打ち込んでそのまま和訳サイトに飛んだりすることで旅行自体がスムーズに運びやすいように感じました。

しかしポケットWi-Fiなので充電がすぐに消耗してしまい、電源を切り忘れていたらほんの数時間後には電池切れ、なんて失敗も多々ありました。それを防ぐためにはメインストリートやレストランで飛んでいるフリーWi-Fiをメインに使い、レンタルWi-Fiは他にネット接続できる環境がないときにのみ使うことが重要だと感じました。

また、私がレンタルしたのがホテルのフロントで他に近場でレンタルできそうな所もなかったため選択肢がなかったのですが、保証金が高いように感じました。もちろんレンタル最終日に返却すればきちんと保証金は返金されたのですが、その頃貧乏な学生だった私は滞在中に使えるお金はできるだけ温存しておきたいものでした。

だからこそきちんと出発前の日本滞在時から色んなレンタル業者の価格を比較してから出発することが正解のように思います。
しかしやはり普段慣れ親しんでいない土地でインターネットが使えるだけで非常に安心感が増し、旅をより楽しくできるのでレンタルして良かったと思っています。